絨毯織りの道具達 と、青山骨董通りウィークリーストリートマーケット と、絨毯のお直し

0
    JUGEMテーマ:キリム

    こんにちは、ペルシャキリムです。
    タイトルが盛りだくさんになってしましました。
    今日は、メンテナンスの為お預かりしていた、オールドカーペットを、
    お客様にお渡ししました。
    洗って、房の部分を整え、その房の部分が解けないようにしました。
    「とても綺麗になったわ!」と、喜んでいただき、私達もとても嬉しかったです。
    キリムや絨毯は、お直しをすることで、お気に入りを長く長く楽しんでいただけます。
    「使えないわ」と、仕舞い込んでしまわずに、どうぞ、お気軽にご相談くださいませ。

    そして、毎週土曜日は、青山骨董通りウィークリーストリートマーケットの日です!
    今週30日、私達も出店します。
    明日は梅雨空が戻りそうですが、土曜日は晴れる予報です。
    梅雨の晴れ間に、心踊る何かを見つけにいらしてください。
    お待ちしております。

    さて、今回は、以前ご紹介した絨毯を織る女性が使っている、
    絨毯織りの道具をご紹介します。
    写真をたくさん撮りました。
    絨毯用道具達
    道具達。
    絨毯用鈎針2
    縦糸を引っ張る、鈎針のようなもの。
    絨毯用鈎針1
    先端は小さいながらも綺麗に曲げられています。
    絨毯用糸詰1
    絨毯用糸詰2
    絨毯用糸詰4
    横糸を詰める道具。
    絨毯用糸詰3
    美しいかたち。
    絨毯用糸詰5
    無骨なところも魅力です。
    絨毯用はさみ1
    愛用のはさみ。
    絨毯用はさみ2
    しっくりと手に馴染みます。
    絨毯用はさみ3
    絨毯用はさみ4
    要の部分。がっしりと。
    シンプルな道具と、遊牧民の女性のしっかりとした指先から、
    美しい絨毯が織り上げられます。







    あのキリムはどこに?

    0
      JUGEMテーマ:キリム



      今日は、寒くなりましたね!!
      昨晩は、友人達とエジプト料理を食べに行っていたのですが、
      お店を出たとたんの、氷のベールを被せられたような空気にびっくりしました。
      この寒さはしばらく続くのでしょうか?
      そういえば、昨日、雪は降りませんでしたね。


      さて、今日は、昨日の続き、あのキリムの話を。

      写真のキリムは、その後、我が家にやってきました。
      お店に到着して、広げた時、「これは!!」という感動があったのですが、
      初めてのキリムだったので、即決はできずにいました。
      ちょっと、長さが合わないかもなぁ・・とか、
      ちょっと、我が家には、派手かなぁ・・とも思ったり。
      でも、やっぱり、なんか視線を感じるというか。気になるというか・・・。
      毎日撫でてみたり、じーっと見てみたり・・・していましたが、
      試しに、あくまで試しに持って帰って敷いてみました。

      薄々は感じていましたが、案の定、お店に戻すことはありませんでした。

      昔から知っていたみたいに、すぐに馴染んだのには本当に、驚きました。
      心配していたサイズも、敷いてみると、意外に問題なく、
      色合いも、意外にしっくり馴染みました。
      わからないものですね。
      それから、私の、キリムとの暮らしが始まりました。
      約50年前の、シルジャンのバルーチ族のキリム。と、暮らす。


      手で触れる。目で見る。ウールそのものの匂いを感じる、足の裏で触れる。
      太陽の光と、夜の明かりでは、表情が変わり。 主張するわけではないけれど、ふとした時、何かを語りかけてくれるような。


      キリムのある暮らしが、こんなに良いものなんて。
      ますます、キリムや絨毯の虜になりました。

      ついつい、暑苦しく語ってしまいました・・。

      この幸せを、たくさんの方々に味わっていただけますよう、

      是非、お手伝いをさせてください。






      さあ、来年は。と、素材のことを少し。

      0
        JUGEMテーマ:キリム



        本日は、今年最後の営業日です。

        まずは、営業日のお知らせから。

        12月30日(金)〜1月9日(月)まで、お休みをいただきます。

        1月10日(火)〜12日(木)は13時〜18時の営業となりますので、お気をつけください。



        今年も、たくさんのお客様との出会いをいただき、

        また、変わらぬご愛顧をいただき、幸せな一年でした。

        ありがとうございました。

        来年も、皆様に喜んでいただけるよう、日々、精進して参ります。

        どうぞ、よろしくお願い致します。



        今年は、新しい試みとして、ブログと、twitterを始めました。

        といっても、まだまだ、滞ってばかり。

        発信することの難しさを、ひしひしと感じています。

        来年は、、、がんばります!



        私自身は、来年の目標を、「イランに行く!」ことに定め、

        それに向けて、日々を過ごしたいと思います。

        ペルシア語学習の覚書として、「今日のひとこと」ツイートをやってみようと思っていますので、

        覗いてみてください。



        ご挨拶ばかりではさみしいので、素材のことをひとつ。

        キリムには、動物の毛だけではなく、コットンも使われます。

        これは、修理の為、少し解いたもの。
        手で紡いでいることがわかります。
        太さにムラはありますが、しっかりと紡がれています。
        肝っ玉母さんの仕事ではないか・・・?と想像したりして。


        こうして解してみると、不思議な感じです。
        これが、植物であるということと、紡ぐと、あんなに丈夫なキリムになるということ。

        自然から与えられた素材の素晴らしさを、キリムは教えてくれます。





        なぜキリム?なぜ絨毯?

        0
          JUGEMテーマ:キリム


          表参道駅から、お店まで歩いていると、

          お花屋さんで、お正月飾りを売っていたり、門松の準備が始まっていたりと、

          新しい年への準備が、着々と進んでいました。

          空気は段々と、冷たさを増していますが、

          新しい始まりの兆しに、ロウソクに火が灯ったような暖かさを感じました。



          私がキリムや絨毯に関わるようになって、1年になりますが、

          よく訊かれるのは、

          「なぜ、キリムなの?」

          ということです。

          元々、日本の手仕事に興味があって、勉強会に参加したりしていたのですが、

          友人に、キリムというものがあると教えてもらって間もなく、

          気づいたらここにいました。

          ご縁とタイミングとしか言いようがありませんね。

          なぜでしょうか??正直なところ、はっきりとしたことはわかりません・・


          でも、毎日、キリム、絨毯に触れ、段々と解ってきたことは、

          人の手で作られたものが好きなんだ、ということでしょうか。


          人の手で作られたものには、人の想いがあります。

          キリムや絨毯は、女性が、家族や自分の願いを込めて織り上げます。

          嬉しい日も、悲しい日も、悔しい日も、なんでもない日も。

          ゆがみや、ちょっとした色の変化、模様の違いから垣間見える日々の想いに、とても惹かれます。

          写真家の友人の、インドで働く人を撮った写真展で、

          「働くこと=生きること」

          という言葉を聞きましたが、そういうことに惹かれるのかもしれません。



          すっかり、私の話ばかりになってしまいましたが・・。

          キリムや絨毯に惹かれる、多くの方々は、

          なぜキリム?なぜ絨毯?なのでしょうか。

          聞いてみたいなぁ。





          触ってみて分かったのですが、ところどころにビーズが織り込んであります。


          やっぱり、ラクダを見ていたら、織り込みたくなりますよね。





          懐かしい香り

          0
            JUGEMテーマ:キリム

            ここ数日、寒い日が続きましたね。

            今日は、お店のある青山ショッピングセンターは、クリスマス飾りの撤去作業。

            街の景色も、いよいよ暮れの準備です。



            少し前になりますが、22日は冬至でしたね。

            冬至といえば柚子湯。

            今年は、お手軽に柚子湯が楽しめるアイテムを買ってみました。

            実家では、庭で柚子がたくさん採れるので、

            冬には毎日、お風呂にぷかぷか浮かべて入れたのですが。

            そして、少し前に送ってくれた、母お手製の、柚子ジャムを食べました。

            果実も皮もたっぷりで、ほろ苦くて。

            2瓶あったのに・・・もう、残りわずか。

            柚子の香りは、故郷の香りです。


            故郷の香り・・・で思い出したのは、イランのバラの花。

            見せてもらった写真には、わさわさと、ワイルドに咲くバラがよく、写っていました。

            イランといえば、バラ水が有名ですから、きっと、いろんなところで、見られるんでしょうね。

            オーナーの故郷の香りは、バラの香り?

            イランの土地の香り・・・どんな香りなんでしょうか。



            そういえば、バラ水も、もう、残りわずか。






             


            ロットナンバーは、もちろんペルシャ数字。







            1

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>

            お取り扱い

            オールドキリム
            アンティークキリム
            ニューキリム
            オールドカーペット
            アンティークカーペット
            (ウール、シルク)
            イランギャッベ
            メンテナンス
            (洗い、修理、リサイズ等)
            イベント、撮影用リース
            卸、委託販売

            店舗情報

            東京青山「ペルシャキリム」
            (有)ピィーエイアール
            〒107-0061
            東京都港区北青山3-3-7
            第一青山ビル1F
            電話&FAX:03-3478-8414
            メール:
            persiakilim@kilims.jp
            営業時間:12:00〜19:00
            定休日:日曜日

            日本語堪能な
            イラン人オーナーと、
            日本人スタッフが、
            皆様のお越しを
            お待ちしております。

            facebookページ
            ペルシャ キリム (Persia Kilim)

            links

            categories

            archives

            バナー

            にほんブログ村 インテリアブログへ
            にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
            にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
            ブログランキング

            gremz

            selected entries

            recent comment

            • 今日は土曜日、骨董通りウィークリーストリートマーケットの日です!
              persiakilim
            • 今日は土曜日、骨董通りウィークリーストリートマーケットの日です!
            • 遊牧民の袋は、変幻自在、丈夫なアート
              persiakilim
            • 遊牧民の袋は、変幻自在、丈夫なアート
              Okada Kenz

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM